スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚の雨と血の雨

rain_fish4.jpg

数年前に読んだ本に、『魚の雨が降る』
という面白い話があったのを思い出した。

ここ数年、イギリスで奇怪な現象が相次いで発生しているらしい。
それは「空から魚が雨のように降る」という
まるでおとぎ話のような現象である。

しかし事実、これらの現象はここ最近急増しており、
先週水曜にも、ポーイスのナイトンという村において
空から生きた魚が雨のように降るという事件が報告された。

このにわかには信じ難い出来事は、
あたかも聖書に記された伝説的逸話のようですらある。
しかし、現在この現象を研究する英気象庁の研究によれば、
魚やあるいは他の物体が空から雨のように降るという
この一連の現象は、決して奇跡と呼ぶべきほど珍しいものではなく、
これまでにも一定の頻度で報告されている一般的な現象であるという。


ではこうした現象は一体いかにして起こるのだろうか?
この現象のメカニズムは至極シンプルである。
まずある地域で例えば雷雨のような強い風が発生し、
小さな旋風や小さな竜巻が発生する。
そしてそれらの旋風が水上を移動した場合、
軌道上にある様々なもの - 例えば魚 - を上空に巻き上げ、
それらは風に乗って数マイルを移動するのである。

そして魚を巻き込んだ雲が雨となるとき、
それらの生物や物が一斉に地面に落ち、
結果、魚の雨が発生するという。

どれだけの時間、魚が空中浮遊していたのかはわからないが
『魚は雲の中でも生きられる』ということになるのだろうか。
また、降ってきた魚が生きているということは、
『雲の高さから落下しても魚は生きていられる』のだろうか。


しかし、私が知る限りでは『魚の雨』のように
説明がつかないものもある。
それが『血の雨』である。

- 1968年
ブラジルはカカパヴァとサンホゼカンポスにまたがる
1kmのエリアにて凡そ5分間に渡って、
空から血と生肉が降り注いだ。

- 1890年
イタリアはカラブリアにて真っ赤な血の雨が降った。
血はおそらく烈風によって体を引き裂かれた
鳥のものであると推測されたが、
事件当時、そうした風は発生していなかった。
また血以外に鳥の遺骸や体のパーツなどが降る事もなかった。

- 1869年
米カリフォルニア州のロス・ニエトス郡区の農場にて
三分間に渡って猛烈な血と肉、髪の毛の雨が降った。
それらは数エーカーに渡って土地を覆い尽くしたが、
髪の毛の一部は6cmの長さであったという。
またその日は晴天で雲はなかった。

- 1841年
米テネシー州レバノンのタバコ農園にて
血、そして筋肉と脂肪が空から降った。
雨の直撃を受けた農園労働者の話では、
最初、突然大きな音が聞こえたかと思うと、
突然血の固まりが空から落下するのを目撃、
「それは上空にあった赤い雲から落ちてきたようだった」
と語っている。


これらはどうやって説明することができようか。
ホラー小説のような話であるが、
実際に過去の新聞記事に載っているものである。

私の好きなドラマに、米国ドラマ『X-File』がある。
最初のうちは怪奇事件などを扱っていたが、
宇宙人だのUFOだのと言い出してからあまり見なくなった。
私もX-Fileの捜査ができたら『血の雨』を調べてみたかった(笑)

今日はマニアックな話で申し訳ない( ̄▽ ̄;)

スポンサーサイト

ジンクス On The 大脳!



今日はジンクスについて話してみようと思う。

最近、趣味で読み始めた大脳生理学の本に、
目から鱗が落ちるようなことが書かれてあった。

「脳は元々、思い込みが強い」

というものだ。

「アイツ、思い込みが激しいよな!」
と陰口を叩くことは多々あるが(あるのか?)
大脳生理学で言うと”当たり前のことを言うな!”
…ということになる。

程度の問題なだけで、
あなたも私も生まれながらに思い込みが激しい動物なのだ。
少し気が楽になる科学的根拠だ。

胃の仕事が「食べ物を消化すること」であるように、
脳の仕事は「思い込みが強いこと」なのだ。
そうしないと気が狂うからだそうである。

騙し絵なるものがあるが、
どうやっても絵に騙される”目の錯覚”は、
脳が強い思い込みで、我々の意識をダマそうとしているのだという。

そういう意味では思い込みが激しくて、
固定観念が強くて、差別的で、頑固な人というのは、
健全な脳の持ち主と言えるのかも知れない。
もちろん、そういう人は社会的には不健全なのだが。

占いにしても宗教にしても血液型性格判断にしても、
そういった脳の「思い込み」を助けるためにある…とも言える。
宗教や占いが必要なのは人間だけだ。

初詣なんかでおみくじを引いて”大凶”が出た日には、
なんだか嫌~な気になるのが人間だ。
「たかがおみくじだ!こんなん気にせん!」と強がってみても、
その後何か悪いことが起きたら「やっぱり大凶引いたから…」
と思い込んだりする。
良いことがあったら大凶のことは、頭の隅に追いやられる。

そういう意味では、世に溢れているジンクスも、
同じように”脳の思い込みの産物”と言える。

「これをすればリラックスできる」という作用が脳にあるのなら、
ジンクスを「非科学的だ」とバカにする人の方が非科学的
ということになる(ややこしい話だ)。

かたくなにジンクスに頼る人は、
脳の思い込みが強くてプレッシャーに弱い人なのかもしれない。
しかし、それがその人の生き抜く知恵なのだ。
他人がとやかく言うべきではない。
どんどんジンクスに頼れば良い。

私なんか、毎日が思い込みの生活だが・・・
それがなにか?(笑)

三浦半島ドライブ♪



今日はドライブに行ってきた。
三浦半島一周の旅v( ̄∇ ̄)v

まず始めに観音崎を目指してドライブ。
日曜ということもあって道は混んでいたが、
途中でケンタに寄って昼食を取っても2時間ほどで着いた。
鎌倉を抜け逗子へ、逗子から横須賀へ
横須賀中央から観音崎に行く途中、猿島を横目にチラッと見つつ、
ホンダのインテグラtypeRと軽く鬼ごっこをしながら
観音崎大橋を渡り、かもめ団地付近に停車。

しばし観音崎を見ながら散歩。
火を囲み何かを食って上機嫌なオッサンたちがいたり、
小さな子供を連れて散歩するおじいちゃん、
海に釣り糸をたらすアングラーたち、
のどかな時間が流れていたo(^-^)o

戦前は東京湾を守る砲台が築かれ、
一般人は近寄ることが出来なかった場所だ。
今は、レクリエーションの場として解放されている。
灯台を中心として整備され、散策、磯遊び、釣り、
夏は海水浴などで1日中楽しめるところだ。

060129_1655~0001.jpg

そんな観音崎を後に、久里浜を眺めつつ
津久井海岸・三浦海岸沿いを軽快に抜け、
目指すは三浦半島最南端の島、いざ城ヶ島へ!
マグロで有名な三崎港から城ヶ島へ渡る城ヶ島大橋は
夜間は無料だが、昼間は有料で軽自動車は50円だ。

城ヶ島公園に車を停め、公園を散策♪
海には船が浮かび、夕焼け空にはトンビやカモメが舞い、
見晴台ではデブネコがお出迎えだ(笑)
広い公園内をゆっくり歩いた後、長津呂崎へ。

土産屋の通りを抜け、夕暮れの灯台へ・・・
少しもの寂しい感じがするが、
眺めもよくなかなかいいシチュエーションだった。
晴れた日に行けば房総半島や伊豆半島が眺められる。
今度は昼間にまた来たいところだ(*^-^*)

060129_1702~0001.jpg

そんな城ヶ島もだんだんと日が暮れてきた。
帰り道では久留和海岸を眺めつつ、
逗子から鎌倉へと一周を終えた。

良く晴れた暖かい1日で、
すれ違ったBMWロードスターやMAZDAロードスター、
ホンダS2000・ビート、スズキカプチーノ、ダイハツコペン
などなどオープンカー勢は、
こぞってオープン走行を楽しんでいたようだ(⌒∇⌒)

今日は誕生日!!!

今日は私の22歳の誕生日である。
案の定、1歳としを取ったという実感はない。
早いもので私が生まれてからもう22年が経過した。
こんな感じで30歳40歳~70歳を向かえてゆくのだろう。
それ以上は生きてる保障がないので書く自信はない(笑)

24時を過ぎてから、いろんな方からの
お祝いメールが届くのはすごく気持ちの良いものだヾ(@^▽^@)ノ~
そんな方々と70歳までお付き合いがあったら、なお嬉しい事だろう。
それ以上は生きてる保障がないので書く自信はない(爆)

そんな誕生日を向かえる中、昨日の深夜から今日の朝方まで、
高校からの付き合いのある友人S藤さんと遊んでいたo(^-^)o
もちろん峠攻めだ(笑)

戸塚カントリークラブというゴルフ場近くの峠や
鎌倉の朝比奈峠などちょこちょこと走り回った。
ガソリン満タンの軽に男二人では、
さすがに重くて立ち回りが遅かった(汗)



前置きが長かったが、本題に入る。
そんなデスドライブの最中に立ち寄ったコンビニでの話し。

060128_0049~0001.jpg

↑に写っているのがS藤さんこと斎Tさん(笑)
見る限りでは、ものすごく怪しい男だが
性格はもっと怪しい男、STさん(笑)
いや失礼、、、
私のよき理解者であり、よき遊び仲間だ!
そして、その彼の後ろにある看板に注目していただきたい↓
060128_0049~0003.jpg

↑『スーパー角曲がる』
なんだかスゴイものを想像してしまった(笑)
ものすごい神がかり的なコーナーなのかっ!?
スーパーサイヤ人みたいな・・・
実際はスーパーの角なのだろうが、
この時、心身ともに怪しい二人は目を疑ってしまった(笑)

そしてそのコンビニで買ったのは、
すごくコーラが飲みたかったんだけどね、
隣の商品棚に昭和の香りをプンプンさせた飲み物があったの。
それがコレ↓
060128_0050~0001.jpg

060128_0050~0002.jpg

もうね、買うしかなかったんだよね。
だって『こどもののみもの』だもの(笑)
だって『こどもだってカンパ~イ』だもの(爆笑)

サンガリアから発売されている
『あわだち飲料 こどもののみもの』
大人の飲み物【発泡酒】に対抗すべく開発されたのだろう。
原料は、ガラナエキス、アルギン酸エステル

そして・・・DHA が配合されている。

味の方は・・・まずいっ!!!

妙な甘さと苦さ!
そしてワケのわからないラベル!
気分を害するという意味では、キレ味サイコーである。
マジギレの方のキレであるが(笑)


ただ、、、もう一度飲みたくなるのは
商品のせいではなく、私の性分であろう。
いくつになってもヘンなモノ好きは治らない。

そんな私は今日、22歳を向かえた。
案の定、1歳としを取ったという実感はない。

正義の脅迫!

kst221.jpg

今日、バイトの夜勤の帰宅途中で
こんなものを見つけた。。。

交差点の信号待ちで、ふと目に入ったのだが
そのまま立ち去る勇気がなく、
車を止めて写真に収めてしまった(笑)

「左右よくみて手を上げて」の後ろに
『じゃないとボクみたいになっちゃうよ』

という、ある種の脅迫的メッセージを感じた( ̄⊥ ̄lll)
確かに、この看板を見てしまっては
手を上げずにはいられない。。。

朝からなかなか怖いものを見てしまった・・・。

不眠症の話



いつまでもブヨブヨと悩んでいては始まらない!(*≧∇≦)/
行き急ぐ私にはそんなヒマは無いのだ!
ブログのデザインを変えるヒマはあるようだ・・・


最近寝つきが悪い、という人の話をよく聞く。
目つきが悪いのではない。寝つきだ。
悲しいほど面白くないことぐらい百も承知だ。

夜眠れないという悩みは、現代人共通のものとなりつつある。
24時間営業の店が多くなった、
テレビが遅くまでやっている、
他にも起きている人が大勢いる、
歯を磨くと歯茎から血が出る…
などの要素と複雑に絡まって、まったりとしたなかにも
こってりとしたえもいわれぬハーモニーを奏でるのであろうか。

人間の脳は睡眠中に休息を取る。
眠れぬ時は脳の疲労も限界に近い。
そんな脳で考え事をしても泥沼にはまるだけだし、
不眠症の原因はここにもある。
ストレスが蔓延する現代社会…
抱え込む悩みも多く、
解消されない問題事もまた多い。

人間、生きるってことは大変なんだ。
私にだっていろいろあるのさ。
だけどね、そんな時は寝るのが一番だと思うよ!

眠れないから不眠症っていうんだけどもね。
「私、不眠症なんです。」
「そうですか。じゃあ寝て下さい。」
ってなモンですよ。

はい。じゃあ、おやすみなさい(´_`*)ZZz...

...続きを読む

正しいかどうかなんて・・・

gal018-8.jpg


なんだか眠れない。
やっぱり納得がいかないから
イライラするんだろうな。

捻じ曲がった価値観でも、
50年も60年も生きてたらそれもまともになるのか?
誰かが証明してくれるワケでもない。
ウソも1000回いえば真実になるのか?
継続は力なりといった所か。
ご立派なことだな。

眠れずにネット徘徊してみるが、
二次元の情報世界裏じゃ、引きこもりが掲示板に軒を連ね。
案の定、人生の先輩面したバカが攻撃的なアドバイスをかけまくる。
言ってることは正しいのかもしれないが、
俺を追い詰めることにしかならない。
「考えるより行動しろ」って?
それが出来るならあんたには聞かないよ。
結局それも「まとも」と言われる、
間違った見解と価値観に過ぎない。

俺も奴らも病気だろ?
奴らは、自分が正しいと主張する傲慢なジコチュー。
さしずめ俺は、それに反論できないただの弱虫だろうな。

定年を迎えた団塊世代はやりたい放題で。
少しばかり目立った弱者を犯罪者に仕立て上げ、
虚構をでっち上げたのは、
自分を棚に上げて、他所に非難の目を逸らしたいのと、
空っぽの年寄りの威張りたがりだろう。
それも権力行使で、聞く耳すら持たない。

そんな奴らの喰いモノにされて、
捻じ曲がった価値観を押し付けられて、
「はいそうですか」と引き下がれっていうのか?
それが「考えるより行動しろ」って事か?

何が正しくて、何が間違ってるのかなんて
どんな辞書を引いても載っちゃいない。
それが人の価値観ってものだろう。

人それぞれ価値観は違うと言えど、
こうも考え方の違う連中らと
同じ輪の中にいなければならないのかと思うと
息苦しくて我慢ならない。

不可触選民

gal017-4.jpg

今日はものすごく機嫌が悪い。

自分なりに世の中に合わせて生きているのに、
言いがかりに近い迫害を受ける。
奴らは俺を見て優越感に浸りたいのだろうな。。。

破棄されたコンビニ弁当を見てると、
自分の犯した罪の罪悪感に押しつぶされる。

独りで生き延びることなんて出来ないクセに、
粋がってみたもうすぐ22歳の義務・・・。

犯罪は犯さないのはもちろん、
行列に割り込みもせず、
ゴミは分別するし電車では席も譲れる。
なのに敗北感でいっぱいになるのは何でだろね。
本当の敗者から見たら、憎らしいことを言ってるんだろうけど。
結局、俺も奴らと同じ世界の人間なんだろうな。
他人を見下すことで優越感を抱き、
不満をそらすのが特技って…
最低な生き方なんだろうな。

さっさと諦めてれば、
トラウマの一つも減らせたかもしれないってのにさ。

トラウマ思い出して夜中に飛び起きる。
飛び起きるのは、まともな神経と頭脳を備えてる証拠だな・・・。


またか・・・



今日は電車の話し。

尼崎JR脱線事故やJR羽越線の
特急脱線転覆事故の記憶が生々しい中、
昨日、また脱線事故があった。
今回は神戸電鉄有馬線である。
幸い、回送電車で運転手もケガは無いそうだ。
しかし3万人以上が迷惑を被ったわけだ。

電車や新幹線はたびたび乗るが、
自分が運転しているわけではないので
ただ【線路の上を走るだけ】の乗り物だと勘違いしてしまう。
電車も人が作り、人が動かすモノだということを
改めて実感する。

私も、通学に電車を使っていることもあり、
事故の心配などすることもなく乗っているが、
だんだんと他人事では済まされないような気がしてきた。
【明日は我が身】かもしれない。
想像するとゾッとする思いだ。。。


また21日には、中央線で人身事故だ。
武蔵小金井発東京行き上り電車にはねられ、即死したそうだ。
警察は自殺とみているらしい。
この自殺のせいで1万人弱に影響があった。

死ぬ、死なないはその人の勝手かもしれないが、
迷惑極まりないやり方だ。
先頭で運転してる車掌の気持ちを考えると、
私まで気がフれてきそうな思いだ。

一般的な急行電車の車両は10両、
1つの車両には車輪が8個ついている。
つまりギロチンのオンパレードってことだ。
回収作業員も辛い仕事だ。

これだけの迷惑をかけておいて、
自殺をした本人は、今どんな気持ちなのだろうか・・・。
【死人に口無し】とはよく言ったものだ。


今日こんな話しをするのは、
今朝、私が通学中の電車の中で人が倒れたのを見た。
40代ほどの男性だったが、
何の前触れもなく、いきなり「バタン」と倒れ、
しばし硬直していたようだ。

以前、このブログに書いたが
案の定【集団の心理】がその場の空気を作った。
その男性の周囲は、様子を伺うしぐさはするものの
誰も手を貸そうとはしない。
私からは少し離れたところでのことだったので
私自身、最初は何が起こったのか把握できなかった。

しばらくたってから一人のおばさんが動きだし、
堰を切ったように一斉に人だかりができた。
一人は男性を介抱し、一人は携帯を出し駅へ連絡している。
電車はすぐに止まった。
次の駅までゆっくり動き、
駅に到着すると男性は担架で運ばれていった。
私はその一連の始終を少し離れた所から見ていた。

目的の駅で降りると、
「人身事故のため到着が遅れご迷惑をおかけしました。」
とのアナウンスが流れた。
すると周りにいた学生達が
「本当に迷惑だ」などと言っていた。
何も知らずによくそんなことが言えるなと思ったが、
次の瞬間、いつか自分も同じ事を言っていたのを思い出した。
正直、自分の言動を恥じた。

自殺も急病人もすべて【人身事故】なのだろう。
わざわざ他人に迷惑をかけて死にたがる人もいれば、
思わぬ事故で倒れる人もいる。
よく考えればわかることなのだが、
皆、自分の事しか考えないのである。

『誰かのせいで遅れた』

今日、苦しそうに倒れた男性もまた
その一言でかたずけられたのかと思うと、
胸が苦しくなる思いでいっぱいだ。

電車に乗っていると、人身事故などしょっちゅうある。
その時々で苦しんでいる人がいると思うと、
自分が被った迷惑など大した事ではない。
今日はそんなことを気付かされた日だった。

受験生は見ないように!(笑)



↑場所は横浜、神奈川区。

今日は姫を連れて久々にアイススケートに行って来た。
すべってきたよぉ~( ̄∇ ̄)
と~ってもすべったすべった!!
はい、この時点で受験生はキレてるね(笑)

日曜日ということもあってか、かなり混んでた(汗)
人が多くてまともに滑れない。
自力で止まれない子供が、よく突っ込んできた(´∀`;)
初体験の姫は「なんとか滑ってる」といった感じ。
ローラーブレードをやっていたらしいので、
感覚は微妙に違えど、転ぶことなく楽しんでいた。

私も初めてアイススケートをやった時は
小学生の頃にローラースケートとブレードを
やっていたおかげで、すぐに滑れるようになった。

何年か前、私が最後にアイススケートをやった時のこと。
目の前にいた若いお姉さんが転んでしまい、
前歯を折って顔面血まみれになったのを見てしまった(汗)
それ以来、敬遠していたアイススケートだったが
たまに滑るのも中々楽しいものである。

「たまに滑るのも中々楽しいものである。」
受験生には、怖い一言かもしれない・・・。

060122_1534~0001.jpg

その後、横浜のスカイビルで昼食o(^-^)o
エルトリートで本格的なメキシコ料理を食べましたとさ!!
↑スカイビル28階、エルトリートからの眺め。
眼下に広がる横浜の街に、お姫様も喜んでた。

中々、楽しい1日だった♪(o ̄∇ ̄)/


準備と警戒と・・・



カーテンを開けるとそこは・・・雪国でしたΣ( ̄ロ ̄lll)ぐはっ!!

写真は私の部屋からの風景なのだが、
みなさんご存知の通り、いつもより白いっ!!!(爆)
「なんじゃコリャぁ~っ!?」
松田優作ぶりのリアクションで飛び起きたのは言うまでも無い。


それにしても弱い!弱すぎるぞ関東人!
雪でスリップして乗用車と観光バスの衝突事故。
歩行者の転倒事故などで252人負傷。
私鉄も混乱ぎみで大混雑。
ここ5年間で最大の積雪とはいえ、
雪国の人達は毎年もっとすごい積雪を経験している。
普段から降らない地域では、ちょっと降っただけでこの有様だ。
天気予報では、降る前から注意を促していたというのに!
もっと準備と警戒が必要である!

かく言う私は、、、
お姫様(彼女)を宮殿(仕事)へお連れする約束だったが、
私の馬車にはスタッドレスなど準備がなかったため、
止む無く断念したのだった(-_-;)

本末転倒は私の専売特許みたいなモンさ!はっはっはっ!

関東大震災も予測されているが、
「準備と警戒を!」なんてエラそうに言っといて
自分が一番に逃げ遅れるタイプだね( ̄ー+ ̄)y-'~~~




センター試験も大変だったみたいね。。。
今年からリスニングが導入されたらしいけど、
「聞こえない」だの「プレーヤーを落とした」
だのとトラブルが相次いだそうな。
プレーヤーの不良で再試験のトコロもあったらしい。

実施の前からプレーヤーの故障や周囲の雑音などのトラブルを
懸念する声が、教育関係者や受験生から上がっていたそうだ。
実施の前からわかってたんなら、
なぜ準備と警戒をしなかったんだっ!!!ヾ(@ロ@;)




牛肉もダメだったみたいね。。。
牛丼もね、無くなった時はショックだったけど
「もう牛丼なんてどうでもいいや・・・」
みたいになっちゃってるんだ実は( ̄▽ ̄;)

たださ、信頼関係って大事じゃん?
若い牛でヤバそげな部分を取っとけはいいだけじゃん?
日本は輸入を認めたんだよ?
そんな約束も守れないのは、、、
準備と警戒をしなかったんじゃないの?

みんな準備と警戒をしなきゃダメよ!?
えっ?自分はできてないクセにって?
そういうこと言う子は先生は嫌いです!!!

コペンが帰ってきた~♪



今日、先週から入院していた我が愛車
コペンが綺麗になって帰ってきたのだ~(*´∀`*)

しかも、インマニ・エキマニを少し改良したのと
エンジンのシリンダーの調整と
アライメントの調整もやってもらっちゃいました!
なので、吹け上がりが気持ちいい!
ふわわkm/hでへにょにょ峠を切ってもリアがフラつかない!

ホントに良心的なおっちゃんで、
最初の見積もりの時はバンパーの傷だけで`4万くらい´
って言ってたのに、今日`2万5千でいいよ´って・・・
えぇえぇっ!?ヾ(@ロ@;)ノ
バンパー1本分の塗装だけでも軽く1万以上するやろ!?
しかもコペンはダブルクリアだから余計に・・・
おもいっきり赤字商売やん?
「お得意さんだから学割にしとくよ!ははは!」って。
おっちゃ~ん( ̄ーÅ)ホロリ

SN320017.jpg

↑もうね、いい加減台車のアルトに飽きました(汗)
お姫様は「ひろ~い!!」と喜んでたようですが、
正直、私には退屈で興味をそそられないクルマでした(-_-;)

3気筒だから出足はいいんだけど、80km/h以上出ないし。
足回りがフニャフニャだから曲がらないし。
車体は重たいし、ブレーキきかないし、
シートのホールド感は全くのゼロだし・・・。

それに、ドア閉める音ダサいんです!!
これしめる音に似てるんです!!
SN320016.jpg

パタって・・・(´_`。)

軽くてガルウイング(セミウイング)化するには
もってこいなんだろうが・・・
正直、おもちゃみたいな・・・

でもコレが本当の軽自動車なんだろうな~
ウチのコペンが軽じゃないのだろう。
いろいろいじって、尋常じゃなくなってるから
久しぶりにコペンに乗った時はビックリした!

でも、なんか・・・アレ?
ウチの子、こんなに速かったっけ!?
おっちゃんコレひょっとして・・・
なんかしたのかっ!?( ̄▽ ̄;)

ファミマDEアルバイト!の巻き



コンビニの仕事、特に夜勤というのは元来暇なものである。
暇であるが故に店員は、お客の一挙一動を観察している。
そうするより暇をつぶす手段がないから、自然と観察してしまうのだ。

例えば、あなたがあるコンビニに一週間、同じ時刻に同じ商品を買いに行ったとしよう。
あなたの顔と買った商品は、コンビニの店員に間違いなくインプットされている。
(こいつ、またカップラーメン買ってる。栄養偏るぞ)
いらぬ心配を抱きつつ、「ありがとうございました」と無表情でレジを打っているものなのだ。

例えば、あなたが毎日”グリコプッチンプリン”を買っていたのに、
ある日”オハヨー焼きプリン”に変えたとしよう。
店員の間では、ちょっとしたイレギュラーなニュースだ。
「おい、あの姉ちゃん、プッチンプリンやめたぞ」
「男にでも振られたんスかね」
プリンの銘柄を変えただけで、えらい言われようである。

一緒に来る彼氏がコロコロ変わる女の人は、
「きっと料理作らんとコンビニで弁当ばっかし買ってるから、男に逃げられんねんな」
店員に、勝手に人生を改竄されている公算が高い。

このように、コンビニの店員とお客さんとの考えの間には、結構食い違いがある。

例えば、代金を払うときに細かいお金を出すと、
「店員に迷惑がられる」
と思っている人は結構いるらしい。
全く逆だ。
店員は、おつりの種類が少なければ少ないほど嬉しいのだ。
「全部で、678円です」
「ほな千円札と…ちょっとまって。78円あるわ。ごめん、今出すから。」
「400円のお返しです。ありがとうございましたー」
本当なら”百円玉3枚+十円玉2枚+一円玉2枚”を取らないといけないのが、
”百円玉4枚”で済むのだ。
逆に、1万円札出して缶コーヒー1本だけを買う人もいるが、
こと深夜の時間は防犯のためレジ金は最低限しかない。
札も少ない上、万券は極力所持していたくない。

警察官とコンビニの店員の間にも、思い違いが発生したりする。

あるとき、店で万引きをしたオッチャンを私が捕らえた。
私が見つけたわけではない。パートのオバチャンが見つけたのだ。
しかし、なぜかその捕獲を私がやらされたのである。
「ちょっと、あれ万引きだよ。あんた捕まえてきて!男の子なんだから」
訳が分からない。
自分が見たわけでもないから確信もないまま、外でうずくまっているおっちゃんに、
「あのー、すいませんが。あなた万引きしました?」
おおよそ緊張感のない問いかけをした私も私だが、
「はい。すいませんでした」
あっさりと認めるオッチャンもオッチャンである。
果たして、オッチャンが観念して懐から出した商品は、
数時間後には賞味期限が切れる180円の枝豆だった。

困ったことになった。
万引きは万引きで犯罪であるから、それが枝豆であっても容認するわけにもいかない。
「パクるなら、もっとええもんパクれやオッサン」
複雑な思いを胸に、私は仕方なく近くの交番へオッチャンを連れていった。
「あのー、そこのコンビニなんですが。この人に万引きされたんですけど」
といって、180円の枝豆を提出した。
警官の目は、あきらかに笑っていた。
取り調べは終始なごやかにすすみ、最後に警察官が
「このオッチャンも反省してるし、枝豆やし許したってえな」
まるで私が180円の枝豆を万引きされて
怒り心頭で突きだしたセコイ店員みたいな諭され方をされたのだった。

このようにコンビニの店員も、結構気苦労の絶えない仕事なのである。
つるかめつるかめ。

枝豆あふるる感動ドキュメンタリーである。

ちょっとした思想的なもの(?)

【人間の甘え】
その最たるは、今口々に吐き捨てた非難と罵声の暴力だ。
それで我が身を守ったつもりなのか?
自分を守る事だけが、その日の道理となる…
そんな世間がまかり通る。

人間、欠陥は少ないに越したことはない。
しかし、コンプレックスはバネというより焦りになり、
頑張ってるつもりでも浮き足立ってつまずくことが多い。

しかしながら、「死なないでくれ」という人間が
一人でも存在するからには、それが己の生きる根拠となる。
それがなければ「死にたければ、勝手に死ねばいい」わけで。。。

重要なのは、何を堪え忍んだかという事ではなく、
いかに堪え忍んだかという事だ。

『この世に生を受けたこと、それ自体が最大のチャンスではないか』
――アイルトン・セナ――

だがしかし、、、
1%の希望は時として、完全な絶望より質が悪い。
自分のすべきことをしていなければ、
1日の終わりを後悔と共に眠り、
無意味な1日の始まりは悲しみと共に目覚めることになる。

【まともな人生】なんてのは、
自分が生きていられる範囲で考えとくものだ。
死ぬ前に、せいぜい楽しめるだけ楽しむことだ。

『人から見た‘まとも’じゃなく、
大事なのは自分がどれだけ納得して人生を楽しんでるかだ』
と私の尊敬する方も言ってくれている。


今日そんなことを考えながら、
運転免許の更新のために警察署に行った。
そこには`あの時´と変わらず、急がしい空気が漂っていた。

交通事故で死にかけ、退院後の何も記憶が無い私が
現場検証と事故直後の写真を見た場所だ。
`現実´を思い知らされた場所である。

【もしあの時に死んでいたら】
【もしあの時に事故がなかったら】
今の私の周囲の空気は変わっていただろうか。
今の私とは何かが違っていたのだろうか。

ほんの数十分の間だったが、
背中にゾクゾク来る悪寒に耐えるのが精一杯だった。
何となく、【生と死】というものを
改めて考えた数十分だった。。。

懸念していた事故の影響による左目の視力低下は、
運転する上で、なんとか問題ない程度だったようだ。

んぐぁっ(*T▽T*)

1137419398991.jpg

なんて事だ・・・

超大作の日記を書いたのに・・・

「有効時間切れ」

今までのは何だったんじゃ~。゜゜(´□`。)°゜。

っということで、

また気が向いた時に書きます(-_-;)



運転免許も「有効期限切れ」が迫ってるので
明日は免許の更新に行ってきま~す・・・(泣)


見事な夢!



寝る前にこんな画像を見つけてしまったがために
エライ夢を見てしまった(笑)

「それ逝け!アンポンタン」

・アンポンタン
やることなすこと全て見当外れのアホヒーロー。
一応はみんなの平和を守っているいるつもりらしいが
実は自分が一番のお荷物だとは気付いていない。

・ジャマおじさん
アンポンタンの良き理解者。
年齢のせいでややボケが始まっており、
アンポンタンの活躍(?)をうっかり邪魔してしまう。

・バンキンマン
街の片隅で細々と板金屋を営んでいる小悪党。
何故かアンポンタンをライバル視しており、
本職の板金技術を活かしてニューマシンを開発するも
結局、いつもドケンちゃんのワガママに振り回される。

・ドケンちゃん
女の細腕で次々と事業を拡大している土建会社のオーナー。
かなりの暴れん坊で、しょくあんマンに想いを寄せる・・・。

・しょくあんマン
以前はかなりのモテ男だったが、
微妙にキャラが薄いせいでリストラされた。
最近はハローワークなど職安通いに精を出している。

こんな夢を見るなんて、疲れてるんだろうか( ̄▽ ̄;)


「まるかぶり」の巻き!

2005-01-24.jpg

今日、こんなものを見つけた。
「20mも誰が食うんじゃ!」
などというツッコミ所は、ベタすぎるのでやめておくことにする(笑)

関西には、節分になると太巻きを
まるまる一本無言で食べ尽くすという変な風習がある。
節分の夜、干支によって居場所が変わる
【歳徳神】という迷惑な神様のいる方角を「恵方」という。
そっちを向いて食べるから「恵方巻」。
実態は、結構向かない人も多い。

なぜ巻き寿司かというと「福を巻き込む」というだけのモンだ。
七福神にちなんで七種類の具が入ってるのが本当だが、
最近は「サラダ巻きでもカッパ巻きでも巻いてりゃ可」という風潮だ。
「丸かぶり寿司」とも呼ぶ。

ここ最近では、コンビニチェーン各社が商売的に広がらせたようだが、
みんな「巻き寿司なんてたまにしか食べないから」という
やっつけな理由付け的側面も大きいのだろう。
チョコバットではいけないのである。

しかしコンビニで予約してまでやるもんでもないと思う。
案の定、私がバイトしているファミマでも恵方巻きの予約をしている。
今年も売り上げ貢献のため、予約したのは言うまでもない(-_-;)

しかし最近では、巻き寿司は切って皿に盛られて出てきて、
「恵方はどっちだ。こっちか」などと無言どころかおしゃべり満開で食している。
ただの巻き寿司パーティである。
本質が失われた年間行事ほど奇態なものはない。

08.jpg


残りわずか・・・



↑は大学からの夜景。今日はそんな話し。

学生生活も残り1ヶ月を過ぎた(-_-;)
この4年間は、人生の中でも最も貴重な体験をした気がする。

大学の授業も、バイトも、人との付き合いも
車との出会いも、音楽との出会いも、就職活動も
交通事故で死にかけたことも、
卒業できるかできないかという
ギャンブルチックな最後の1年を過ごしたことも(笑)
すべてが新しい出来事だった。
その新しい出来事のそれぞれで、新しい発見があり
その発見から学んだことも多い。

高校までの時間はすごく早かった。
与えられたものを、言われた通りに
何気なく我武者羅に突っ走ってきた感じがあるが、
大学での4年間は妙に長く感じた。
それは、一つ一つ考えながら成長を感じて
過ごしたからではないだろうか。
精神的に成長した4年間ということだ。
060111_1642~0001.jpg

こうして友人とふざけあっていられるのもあと数ヶ月だ。
就職すれば時間も余裕もなくなるんだろうな(-_-;)
そんなことを考えながら最後の1ヶ月を過ごすとしよう。
060113_0343~0003.jpg

↑コンビニ猫のマダム。
一人寂しい夜勤の時は、心を和ませてくれたマダム。
そんなマダムとも、あと数ヶ月の付き合いになるのかぁ( ̄ロ ̄;)
寂しくなるな・・・。
俺がいた1年半だけでも3度の出産で
計10匹以上の子猫を生んでたな~(汗)
廃棄のコロッケは中のイモしか食わないし、
肉まんも中の肉しか食わない。
フライドチキンに至っては、見向きもしない。。。
そんなセレブなマダムとのお別れも近い(´_`。)グスン

マダムよ・・・お願いだから・・・
店の自動ドアの前でエサの催促するのはやめてくれ!
ドアが開いたり閉まったりで、ゆっくり休憩もできない(T_T)

灯台下暗し。



先週の日曜日の話し。
隣街の秦野市にある【風の吊り橋】に
夜勤明けの眠たい目を擦りながら、彼女を連れてドライブに行った。
隣の街だというのに、今まで見たことも聞いたこともなかった。
家から20分くらいのところにあって
秦野市が見渡せる景色も、壮大な作りの吊り橋も良かった♪
こんな近くにこんな場所があったなんて、灯台下暗しだね!
日曜だったせいか子供連れの人も多く、楽しそうに遊んでいた。
↑何だか妙な遊具があり、子供がピョンピョン跳ねていた(汗)
お見せできないのが悲しい( ̄ーÅ)ホロリ

散歩程度にしては駐車料金がちと高いのが痛いトコロ。
でも、少し離れた所に皆さん路駐してらっしゃいました(笑)
ウチのお姫様もニコニコで一緒に散歩しました(^-^)
彼女・奥さん・子供と遊びに行くにはいいかもよ!


この吊り橋を知ったのはTVのニュース番組だった。
なんとこの吊り橋には40億円の経費がかかってるそうな・・・。
税金使いすぎじゃね!?Σ( ̄⊥ ̄lll)

もっとすごい話し。
この橋の下の川には水が流れていない(爆)
その名も【水無川(みずなしがわ)】だ!!!(o ̄∇ ̄)/お~い!
秦野市の地質は水を吸ってしまうのだそうな。
川上に少し流れてたけど・・・
それは水が染み込まないように、わざわざ地面の中にシートを敷いて
川らしく見せるようにしているらしい。。。
税金使いすぎじゃね!?Σ( ̄⊥ ̄lll)

TVのニュースでも、地元秦野市の住民の方が
「作る必要があったのかわからんな~」
などとのたまっていた。Σ( ̄ロ ̄lll)えぇえっ!?
そりゃ、水が無いんだから普通に道を作ればいい話しだし、
わざわざ40億も使って川に水を流して、凝った橋まで作って
何がしたかったの?ってことだが・・・
実際に行って、楽しんでこれたから
私としてはバッチコーイだと思うよ~ヾ( ̄o ̄;)



でもさ・・・
税金使いすぎじゃね!?Σ( ̄⊥ ̄lll)

愛車の入院とニューカマー!!

HI330006.jpg

今日は愛車のコペンが入院した(´・ω・`)
去年、コツン(バキッ)とぶつけてしまったバンパーの傷を治すためだ。
今まで予算の都合もあって放置していたのだが、
車に自然治癒力なんてモンはない( ̄▽ ̄;)ハハハ…
今日、じいちゃん・父ちゃん・俺と親子三代の面倒を見てくれている
得意先の板金屋に連れて行った。
コペンの改造でも色々とお世話になっている守山さん。
良心的で気の優しいおいちゃんだ。
車をいじるには、こういう技術者との繋がりも大事!
守山板金に到着すると、ガレージには修理車でいっぱい・・・。
しかもほとんどが、ドリフトミスによる顔面バキバキのヤン車たち。
そう・・・ここは走り屋たちの駆け込み寺で
私もそのうちの一人ということになるのだ(汗)
GRP_0000.jpg

↑は富士山の五合目まで行った時のもの。
夜中に、軽自動車の走り屋さん達と山中湖を走り回っている(^_^;)
みんな気さくで、ああじゃないこうじゃないと色々車について語る。
車が好き、走るの大好きな人達ばかりで
中にははるばる遠方から集まる人がいたり、
モノすごい軽トラに乗ってくるおじちゃんもいる(汗)
みんなその場で知り合った人達ばかりだ。
X-021.jpg

↑こやつが我が愛車コペンの兄にあたるX-021だ。
1991年の東京モーターショーに出品された
ロングノーズ・ショートデッキという典型的なツーシーターオープン。
生産されることなく終わったため、知る人は多くない。

そんなこんなで、今日からコペンの代わりに来たのがこやつ↓
060113_1636~0001.jpg

スズキのアルトくんだ(*≧∇≦)/
NA3速オートマでパワステ・パワウィンド無し!!!
曲がる時は力いっぱいステアを切り、
坂道は唸り声を上げてゆっくり駆け上がり、
窓はキコキコと手で開ける(爆)
なんて可愛いやつなんでしょう\(^▽^)/

ブレーキ時にキーキー言い出す始末ですが、
そんなに怒らないで、短い付き合いでも
よろしく頼んますm(_ _)m

去年の暮れ・・・



去年の話し。
12月29日の彼女の誕生日に
初めて東京ミレナリオに行ってきた。
今回で最後ということもあってか、かなりの人ゴミだった。
東京駅を降りたとことから人・ヒト・ひと!!!
8時頃に着いたのだが、その時点で入場制限がされていて
イルミネーションの通りに入ることができなかった( ̄⊥ ̄lll)
「もっと早く来れば良かったな~」なんて話ながら
横の歩道を歩いていると・・・
PA0_0019.jpg

なんと、歩道から通りに入れるようになっている(!?)
そこいらじゅうに警備員みたいのがいて
列に並ばずに横から入る人を注意していたのだが
たまたまそこには誰もいない・・・

っということで、なんと入れました!!!v( ̄∇ ̄)v
後ろには何時間も列に並ばされている人もいるというのに・・・
「かわいそうに~」なんて言いながら
最後の東京ミレナリオを楽しんで、
国際フォーラムで夕食を済ませて帰った。
今まで興味がなかったミレナリオも、「これで最後かぁ」
なんて考えるともう一回くらい見たい気がする。
今度は神戸のルミナリエも行ってみたいな!

帰りに中央線が人身事故!!(爆)
電車が止まっていて動かない。
仕方なく山手線で帰ることにしたのだが・・・
乗った電車が違うことに気付いたのは大宮に近づいてから( ̄▽ ̄;)
彼女も俺も疲れていたんでしょうな!

遠足は帰るまでが遠足!
デートも帰るまでがデート!
そんなハプニングも楽しみの一つ!!!
な~んて考えながら家路につきましたとさ(笑)

お国柄?



今日こんな画像を見つけて、不覚にも笑ってしまった(笑)

ある船に火災が発生した。
船長は、乗客をスムーズに海へ飛び込ませるために・・・

イギリス人には
「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」
ドイツ人には
「規則では海に飛び込むことになっています」
イタリア人には
「さっき美女が飛び込みました」
アメリカ人には
「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」
ロシア人には
「ウォッカのビンが流されてしまいました。今追えば間に合います」
フランス人には
「海に飛び込まないで下さい」
日本人には
「みんなもう飛び込みましたよ」
中国人には
「おいしそうな魚が泳いでますよ」
北朝鮮人には
「今が亡命のチャンスですよ」

船員「船長!まだ韓国人が残ってますが!」
船長「ほっておけ」
船員「なぜですか!」

船長「生き残られると、服が濡れたと賠償請求されてしまう」


まぁ、確かにそうかもね(笑)
よく国民性を掴んだジョークだと思う。うんうん。
あくまでジョークだからさ。

でも、日本人ってホントにそうだよね。
火災報知機が鳴っても、誰も逃げないんだって。
誰も逃げないから、みんな【報知機の故障】だと思い込んでしまうらしい。
人だかりが出来ていればみんなこぞって集まりだすし、
人ゴミの中で人が倒れていても誰も助けないらしい。
1対1なら手を貸すのに、周りにたくさん人がいると
みんな【誰かがやるだろう】ってなことになるんだそうだ。

経済用語では【クールノー・ナッシュ均衡】ていうのさ。
みんなで助けるって手段もあるのに
集団の中じゃ日本人は【パレートの改善】ができない。

【集団の心理】ってやつね。
【赤信号、みんなで渡れば怖くない】って事だろ。
一人じゃやらないことでも、みんながやり出すと自分もやる。
みんながやらないから、自分も自信がなくなる。
要はさ、仲間はずれにされたくないんだよみんな。
みんながやってるから、自分も強気になっちゃうんだよ。
だから、間違ったことが正当化されたり
くだらないモノが流行ったりするんだろな。
日本人のだらしの無さがモロに国民性に出てる気がする。

日本人全員がそうだとは言わないけど、
大半がそうだから、誰もが頷いてしまうジョークだ。

そういえば、ガキの頃すごく欲しかったゲームを親にねだる時
「みんな持ってるんだよ~」って言ってたのを思い出した。
実際みんなが持ってるから、
みんな楽しそうにゲームの話しをしてるから自分も欲しくなってた。

子供のうちから、そうやって【集団の心理】に操られて育ってる。
ホンモノを見分ける目って大切だなと感じた。
っと、こんな画像を見て考えてしまう。
そしてその考えがみんなも同じかどうか気になり、
こうしてブログに集団の心理を求める自分がいる。。。

本末転倒は私の専売特許みたいなモンさ(笑)

思い込みは力か・・・

gal018-4.jpg

人間は生涯を通じて何かを欲求してる欠乏種で。
一つのことが満たされると、
より高い次元の欲求が頭をもたげる…
考えても絶望的になるだけなら考えるな。

あんたは確かに賢い生き方をしてると思うよ。
だけどね、人を何だと思ってるのか疑うよ。

誰かに支えてもらわないと生きていけない。
誰かに喜ばせてもらわないと笑えない。
誰かに食わせてもらえないと死んでしまう。
誰かがいないと自分の存在意義すら見失う。

自分の幸せのためなら、相手は誰でもいいのか?
そうやって他人を踏み台にして平気でいられるのか?

狂い出した波長は二度と戻らない。
崩れ出した音程は二度と共鳴しないことを覚えなさい。
甘い果実は、賢いだけでは食えないよ。。。

俺はそうやって色んなモノを失ってきたんだろうな・・・

ディズニー


去年、秋にオープンしたばかりの香港ディズニーランド。
業績不調で経営者が更送されたそうな…

そりゃぁね~…
あっちの人達にとっちゃ、
登場キャラクターがすべて食材なのは無理があるよ(-_-;)

ネズミに犬、アヒルにクマ…
最近じゃ鶏と若鶏も出てきたもんね~

確かにウマそうやな~(@▽@;)


20060111204206.jpg

今日も疲れた~(汗)

今日はバイトで2時間も残業させられた…(ο__)ο

明日は午後から大学だから、今はコーラ割りを一杯♪
最近、アルコールの楽しさを覚えた(^O^)
正月は父上様と親戚のおじさんと音楽話でビール…
なかなか楽しかったな~

今日の格言!
『99パーセントのおおよそが負けであっても、1パーセント勝ちであれば良し!』

最悪な1日でも一杯の楽しみがあれば、ベッドの中はパラダイスだってこと(*≧m≦)ぷぷっ

んじゃ、おやすみ~ZZzz....

stilllife001.jpg

おもろい話し

よく面白い人だと言われる。
それって良いこと?
みんなが言ってる【面白い】って【笑わせてくれる人】ってことなんかな?
それとも【興味深い人】ってことなんかな?
自分でも自分がまともな奴だとは思ってないんだけどね(^^ゞ
なんかさ、【自分らしさ】って他人にしかわからないモノだと思わない?
自分を評価してくれる人がいるから、初めて【自分らしさ】が生まれるわけやん?
だって、自分は【自分らしい生き方をしてる】って考えながら生きてる人なんかおらんやろ?
つまり、【お前らしいね】って言ってくれる人がいるから【これが自分なんだ】って確信が持てるわけや。

ということは…
私の【自分らしさ】は【面白い人】ってことなんやな(^-^)
それがどんな意味なのかは私を評価してくれる人しかわからんけど、私自身【人を楽しませる事】は好きやし、たくさんの人に絡んでもらうんは楽しい!

それが私らしさでよろしいかな?

20060110055403.jpg

初めての・・・

新年ブログでびゅー!!!
頑張って色々更新していかなくては!

まずは、ブログタイトルの説明でもしよっかな?
【トマトケチャップ】
去年の暮れの話し・・・
いつだったか忘れたけど、急に咳がとまらなくなった。
最後におもいっきり咳をしたら、ドス黒い血がちょびっと出た。
マジでビビッた・・・
昼に食べたパスタの中にトマトが入っていたのを思い出して安心した時に、
「あっ、ブログやってみよ!」みたいなノリで思いついたのがこのブログタイトルΣ( ̄⊥ ̄lll)
【トマトケチャップの血ヘドを吐くような毎日に乾杯!】
ということでブログ始めてみます。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。