スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義の『おならマン!』

前回の『屁』話しで思い出したことがある。

小学生の時、全校生徒の前で合唱をしたが、
その練習を体育館で行っていた時の話しだ。

指揮を取る先生が指導していて、生徒は体育座りで静かに聞いていた。

『ブー…』

なぜか聞き覚えのある、懐かしさすら感じるものの
明らかに自分のモノではない音が真横から聞こえた。

しゃべっているのは先生だけ、しかも場所が体育館だけに
その音は異様に大きく聞こえた。

音の出どころは真横の女の子だ…。
周りは爆笑の渦…
先生も『誰がやらかした~』なんて笑ってる…

横を見ると、その子は下を向いて耳まで真っ赤にしている…

次の瞬間、俺の口が勝手に動いてた(笑)
『ヤベッ!やっちまった!』

先生『お前かぃ!(笑)』周り『くせーなぁ!(笑)』

これでいいんだ。
俺はこの子を救ったんだ。
きっと感謝してくれるに違いない。
そう思って隣を見ると…

俺を指差して大爆笑!!

さっきまで真っ赤な顔して下を向いてた女の子が
まるで虫ケラを見るような目で笑っていた…

捕らえられた仲間を助けに一人で敵地に潜入したが、
仲間が敵に寝返って完全に包囲されてしまったかのような感じ…。

挙げ句の果てに、その後一週間ほど『おならマン』と呼ばれ…
自分も『おならマンだ!』と開き直っていた(笑)

それから10年近く経ち、
地元の自動車学校でその女の子にバッタリ遭遇した。

『あの時…助けてくれてありがとう』

忘れていたもう一人の自分…
『おならマン』が救われた瞬間だった(笑)

そのついでに(?)告白された。
俺が助けたことで好きになったとかで…

『だってお前、指差して爆笑してたやん!』

もちろん切実に断ったことは言うまでもない(笑)

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://doom520.blog44.fc2.com/tb.php/105-ca92d854

コメント

エエはなしやな・・・
屁の美談なんて結構面白いやん・・・
でも、香にガッツがあったら、結構キツイよね

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。